Web展示場 石屋のコラム 当社のご案内 リンク

立ち灯籠

掲載した灯籠はすべて岡崎の職人の手作りです。当社では年代物を除いて外国製品は扱っておりません。
とても種類が多いので、掲載しているのは商品の中の一部です。お探しの灯籠などがございましたら御一報下さい。

また、掲載された灯籠類については岡崎で加工された事を証明する岡崎製造証明書を発行できます。
ご注文時にお申し付けくだされば発行いたします。詳しくはお問合せください。

商品紹介

各商品の小さい写真、もしくは品名をクリックすると拡大写真が別のウィンドウで表示されます。

立ち灯籠の名前から探したい時はページ末尾の「 掲載された立ち灯籠の一覧」から探せますのでご利用ください。

伝統的工芸品に指定された灯籠 (基本的な灯籠)

最も有名、とも言える灯籠。火袋の波と神鹿が目印。
ですが、実際に本歌(オリジナル)と言われていいる物は、あまりにも古過ぎて原形が分からず、この写真とは大きく異なります。おそらく時代を経るうちに、本来の春日とは変わっていってしまったものの、新しい春日型の方が有名になってしまったのでしょう。


本歌は東京の赤坂御苑にあり、東宮殿下のご成婚を記念して岡崎から献上されたものです。この灯籠は近年の生まれたものと言えます。
石灯籠の中の模範となるべく、数々の国宝級の灯籠をベースにして造られました。


本歌は春日神社の中にあり、社伝によれば保延三年、摂政藤原忠通公が飢饉を憂いてこの灯籠を寄進し、柚の木の下に据えて御祭りした事から、その名がついたそうです。
特徴はそのエンタシスのついた柱と、笠から中台(受け)までは8角、柱は円で、基礎が6角、というのは他の灯籠には見られない点です。全体的にすっきりとした印象。


宇治の平等院鳳凰堂の前に本歌があります。火袋が一個石ではなく、2枚の板石を立てたもので、他の灯籠には無い特徴です。
平安時代のものと思われますが、中台から上は江戸時代に作り直されたもので、本来の形は分かっていません。


よく見かけるのは左の善導寺型ですが、本歌に近いのは右のすっきりしたほうです。
なぜ間違った形のほうをよく見かけるのかと言うと、その昔、岡崎の職人が伝聞で作った善導寺型が各地に広まってしまったため、だそうです。




↑ ページ先頭へ戻る

それ以外の灯籠

愛知県幡豆町の糟谷邸という旧家に本歌があります。
比較的新しい灯籠(江戸時代)なので、オリジナルとほぼ同じ形に造る事ができました。 


京都の青蓮院(岡崎の職人は「せいれいいん」と呼びますが、正しくは「しょうれんいん」)の中に本歌があります。
院内の好文亭という茶室の貴人口前に、蹲踞(つくばい、水鉢)の鉢明りとして据えられています。この蹲踞と、書院の縁先にある一文字形水鉢が有名です。









↑ ページ先頭へ戻る

立ち灯籠の最高級品

掲載されている立ち灯籠の名称一覧

ページ内の立ち灯籠名称一覧です。クリックすると掲載箇所へ移動します。
名称後ろのアイコンは笠の形状を表します。


株式会社マルタ山本石芸 愛知県岡崎市稲熊町山道20
電話 0564-24-6607
メール info@sekigei.com