Web展示場 石屋のコラム 当社のご案内 リンク

水鉢、蹲踞

水鉢、蹲踞、手洗いと呼ばれるものを掲載してます。
神仏にお参りする前に手を清めるための水を貯めるものとして生まれたものが、美術品として用いられるようになりました。
茶席に入る前に手を清めるために庭に置かれるようになり、露地(茶庭)にはかかせないものとして発展してきました。

商品紹介

小さい写真か品名をクリックすると拡大写真が別のウィンドウで表示されます。
商品の選択、別のページに戻りたいときは左側のメニューをクリックしてください。
大きさや石種によって値段は異なります。お探しの商品がございましたらお問い合せください。
掲載されている商品の名称一覧がページ末にあります。名称から探したい時にご利用ください。

宝塔の一部を再利用して水鉢にしたもの。
本来は建物の柱などが彫刻された部分が、ちょうど僧侶の着る袈裟のように見えるため、その名がつきました。


こちらも五輪塔の丸い芯の部分を再利用してうまれた水鉢です。もちろん、現在は新規で作ります。
五輪塔のこの部分は水を表わす部分であり、水を溜めるのにふさわしいと言えます。


宝篋印塔か層塔の塔身部分を再利用したものです。仏像の替わりに梵字を掘っているものもあります。「し」と呼ぶのを嫌って「よほうぶつ」を呼ばれる事もあります。


同様に宝篋印塔などの笠を上下逆にし、水を溜める穴を掘った水鉢。笠の部分を使うので「笠型」と呼ばれます。見立てもの水鉢、とも言います。


灯籠や層塔の基礎の部分(一番下の土台部分)を水鉢に見立てたもの。


古い建築物の礎石(柱の下に置く台石)を水鉢に見立てたもの。伽藍石を用いたものは「伽藍型」とも呼ばれます。
この写真のものは実際に建物で使われていたものです。古いものなので「年代もの」と呼んでいます。





他にも多数あります。注文製作も受け賜わっております。ぜひお問合せください。

掲載されている水鉢の名称一覧

ページ内の水鉢名称一覧です。クリックすると掲載箇所へ移動します。



株式会社マルタ山本石芸 愛知県岡崎市稲熊町山道20
電話 0564-24-6607
メール info@sekigei.com