石工事関連

当社では様々な石工事も承っております。間智石の石垣、自然石を使った岩組み。玄関、ポーチの張石工事。住宅向けの作庭、墓地の造成、台座工事など、大小の関わらずお問い合わせください。

商品、施工例の紹介

工事現場の写真を例として掲載しました。
下の小さい写真、題名をクリックすると拡大写真が別のウィンドウで表示されます。

岩組みの工事例

景石用の青石を使った岩組です。#1は斜面に高く組んだ岩組、#2は松を囲む土留めとして組んだ岩組です。
昔はよく見ましたが最近は使う人が少なくなりました。最近は規制でこういった石を採ることができなくなってきましたので、将来は使えなくなるかもしれません。

お寺、墓地関連の工事例

お寺の納骨堂を新設した時の写真です。地下に納骨室を設けるために、かなり深くまで根掘りしています。
雨水対策のために排水用のパイプを壁の内部に埋め込み、かつ完全にコーキング剤で目張りしています。

納骨堂内に棚を設置し、屋根になる天板を載せ、最後に隙間から水が入らないよう、 全部の目地にコーキング剤を注入して完成。


墓地の移転に伴い、区画整理を行いました。水はけを考慮し、間智石を組んで区画を造りました。

神社関連の工事

新しくできる神社に鳥居を設置しました。鳥居の設置にはコツが必要で、経験のある職人さんでないとできません。

住宅の庭、エクステリア関連の工事例

玄関の中と外に張石を施工しました。床面の石はバーナー仕上げ、縦に貼り付けてある石は磨き仕上げになっています。


自然石を用いた張石用石材のサンプルです。左上端は国産の鉄平石ですが、他は外国産の大理石です。
平米当り1万円前後です。(材料費のみ)


大谷石の石塀でしたが、風化が進んできたため、新たに白御影石で組み直しました。昔は加工の簡単で軽い大谷石がよく利用されていましたが、耐久性があまりないので、どうしても風化が進みやすいのが難点でした。
今は中国材で安く加工ができるので、このように大量に御影石を使って施工できます。


門前に電板を敷き、塀の前には坪庭を施工しました。門内は灯籠や景石、手洗いを据え付け、電板と鞍馬石で通路を施工しました。


新築のお宅に、白御影石の塀と通路を施工しました。雨の当る笠木は磨き仕上げにしています。


ブロック塀の前面に、大きさの異なるコブ出しの長方形の錆ミカゲ石をいくつも張っていきます。
非常に手間がかかりますが、変化に富んで美しい仕上りになります。

石碑材の紹介

石碑用としては定番とも言える根府川石です。歌碑、句碑などによく用いられています。
多数在庫あります。お探しの際はお問い合せください。


こちらも定番の伊達泥冠石です。主に表面を磨いた状態で使います。
字数が多い時、細かい文字を使いたいときはこちらがお勧めです。


長崎の六方石です。寺標などに使います。
磨いても、自然のままでも使えます。